セノビックの効果を徹底検証!【身長が伸びるのか・伸びないのか】

セノビックの詳細はこちら
▼▼▼▼▼▼

 

セノビックで効果を実感した人たち

セノビックを購入して飲んでいる子たち、大人たちの口コミはこんな感じです。
「中学3年生ですが、1か月で2センチほど飲みました。かなり効果はあるかと」
「10歳の息子はじわじわ伸びました!でも17歳の息子は効果なしです」

 

多くの方が、「身長は遺伝だ」と思っているでしょう。
でも、遺伝がすべてじゃないと世の中では証明されています。

 

日本人は身長が低い傾向にありましたが、最近では高身長の方も多いですよね。
昔の日本人は身長が低かったので、「遺伝だ」という考えも強まったように思いますが

 

「片親の身長が高い」という場合でも子供は身長がかなり低い子もいれば
ものすごく伸びる子もいます。

 

伸び方も人それぞれで「幼少のころは身長の伸びが良かったのに急に止まった」
という方もいれば「高校に上がって急に伸びだした」という子もいます。

 

セノビックを飲んで効果を実感した人ってたくさんいます。
でも、それがウソかホントかわからないのは
「成長期に合わせて飲むから」なんです。

 

もしかしたら、セノビックを飲まなくても伸びる時期だったのかもしれない
言い訳をしだしたらキリがないですよね。

 

そこで、セノビックの購入を考えている方へ
もっとセノビックについて知って、その効果を考えてほしいと思いました。
では早速…その効果とは!?

セノビックの効果とは・・・?

早い子は4~5歳の時、大人でも飲んでいるというくらいですから、
年齢問わず効果があることがうかがえます。

 

その効果とは…

 

○骨の形成に必要不可欠なカルシウムを効果的に取れる
○赤血球を活発にするために必要不可欠な鉄分を効率的に取れる
○成長期に必要な栄養がバランスよく配合されている

 

セノビックのこの3つの特徴から
身長を伸ばす」という効果が高いといわれています。
カルシウム、鉄分、それだけでも背が伸びるために必要な栄養素ですが
卵黄ペプチドやその他成長期に必要な栄養素も豊富に含まれているんだとか。

 

背が高い方は多くの方がこう言います。
「牛乳を毎日飲み続けたからだ」「魚中心の食事だった」「スポーツをしていたから」と。

 

でも、「身長を伸ばすために必要なこと」って
それだけじゃなかったと思うんです。

 

背が高い身としては、「女性なら身長が低い方がいい!」なんて言いますけど
やっぱり身長は高い方がいい。成長期にしっかり伸びたほうがいい。
それは共通している考えだと思います。

 

私は背が高い方ですが、親族からは「牛乳ばかり飲んでいたからだ」なんて言われます。
家族には背が低い人が多いので。

 

でも違うと思うんです。
効率よくカルシウムを摂るのも大切ですし、成長期に必要な栄養って重要ですけど
やっぱり背を伸ばすために必要な「生活」も考えるべきだと思うんです。

 

そこで、「セノビックを飲むなら、より効率よく背を伸ばすための方法」を考えてみましょう。

セノビックを効果的なものにする為に

セノビックってただ「飲んでいる」だけじゃ自慢にもなりませんし効果もないでしょう。
ただ飲むだけならだれでもできますし、それだけで身長が伸びるのなら
私は怒りますね(笑)

 

セノビックを効果的なものにするには、
「身長を伸ばすための生活」を考えてみてください。

 

よく、「鉄棒にぶら下がっていたら伸びる」とか「バレーをすれば伸びる」とか
(それってホント!?)と思うような迷信もありますけど

 

なんでもチャレンジしてみることが大切だと思うんですよね。
そんなことを言いながら、私は何もしていなかったのに伸びたんですけど。

 

小学生の時は前から2番目。
並んで一番前で「前にならえ」をした時腰に手を当てる子だったときも。

 

これはもう身長は伸びないと思っていたら
中学の3年間で21センチ。高校の3年間で15センチ伸びました。
もう驚異的な伸び方で今は170センチあります。

 

大学時代も無論、伸び続けました(笑)

 

勉強=得意、運動=超不得意、でしたけど私のような伸び方の人もたくさんいます。
「運動をすれば伸びる」とか「○○を食べたら良い」とか、そんなことより

 

「規則正しい生活」が大切だと思うんですよね。

 

よく寝て、よく食べて、よく動く子は大きくなれる!
この言葉にウソ偽りはないと思うんです。

【参考】

 

→ セノビックの詳細はこちら

 

 

セノビックの効果が凄い!【身長促進サプリメントを調べてみて。】
http://suntech.boy.jp/
セノビックの関連サイトです。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ