送料無料!まずはお試しから!
▼▼▼▼▼▼


セノビックには副作用があるの?子供の体にどう影響する?

img_s

セノビックの効果と副作用についてまとめてみました。

みなさんは「セノビック」をどういう種類の商品だとお考えですか?体の育てるプロテイン、成長期に大切な栄養素が入っている薬、ダイエット同様体をサポートしてくれるサプリメント。様々な考え方があると思います。決して薬ではありません。薬というのは病院や診療所でお医者様に体を診察をしてもらい、そこから処方という形で自分の体に合ったもの調合してもらい、それを毎日決まった時間に摂取するというものです。そして二つ目にプロテインでもありません。プロテインにも様々なものがあります。だいたいのプロテインに共通して言えることは「運動」が付きものということです。自分の体を変えるといった意味ではセノビックも同じではありますが、プロテインの体づくりは「ウエイトアップ(増量)」「ウエイトダウン(減量)」「高たんぱく(筋力アップ)」「脂肪燃焼力アップ」などといった直接体に栄養を与えていく肉体改造的な要素のあるものと言えます。よって、残っているもの「サプリメント」がセノビックの品種ということになります。ダイエットサプリメントもプロテインと違い体の中からサポートしていくものになっています。

「セノビックの効果はすごい!」とネット上でも話題になっています。販売実績も700万袋突破(2015年3月末時点)という結果が出ています。クチコミを見て購入される方も多いと思われます。ですが中には「効果がすごいなら副作用もすごい?」と不安な気持ちを持った方もいらっしゃるのではないでしょうか。子供だったら特に。自分の子供に危険なものは飲ませたくないと思うのが親心です。そういった親御さんのために今回は副作用についてお話しさせていただきます。

まずは効果についてです。セノビックに含まれている栄養素は子供の成長期にとても大切かつ必要不可欠なカルシウム・ビタミンD・鉄分が豊富に含まれています。身長を伸ばすために必要な栄養素がピンポイントにぎっしり入っています。カルシウムの吸収を促進してくれるビタミンDも一緒に摂取できるのは、とても効率がいいですし、別々に摂取する手間もはぶけてとても素晴らしい商品といえます。もちろん1日で効果がでるものではありません。毎日飲み続けることで効果が発揮されます。

そして気になる副作用についてです。セノビックに関わらず、サプリメントには副作用というものはあまり存在しません。といってもまったく害がないわけでもありません。多くのサプリメントにみられるものは副作用というより「リスク」といったものになります。そもそも副作用というものは医薬品を利用した場合に起きる「良くない作用」や「望まない作用」のことです。ちなみに良い事が起こることを「副産物」といいます。

よってセノビックを飲むことによって起こりうる「リスク」を見てみましょう。
セノビックの成分は上記で上げた以外にナトリウム・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ナイアシンが含まれています。どれもよく耳にするものばかりです。ナトリウムは主に塩のとして使われています。基本的には体作りに大切なものとなっています。そしてセノビックを混ぜて飲む牛乳がとても大切な役割果たしています。この牛乳にカルシウムを上乗せして摂取するのがとても効率のいい方法となります。それ以外の成分も牛乳とカルシウムの吸収・代謝をサポートしてくれる役割があるのでとても効果があることが十分わかります。

ですが、だからと言って過剰摂取は体に毒です。カルシウムを大量に摂取すると、腸の働きが過剰になり、お腹を緩くしてしまいます。セノビックは牛乳と一緒に摂取するので特に注意が必要です。下痢気味になったり、泌尿器系の結石(胆石)を引き起こす可能性があります。また、ビタミンDも短期間に大量摂取すると、腎機能障害を引き起こす可能性があります。もし、摂取をして体調不良を引き起こしたり体に異変がある場合は速やかに中止し最寄りの小児科や内科で診察を受けてください。診察時にお医者様に相談をしてまた摂取するか検討しましょう。

こういった注意点を守りながら毎日の生活にセノビックを取り入れてみましょう。

 

【詳細をチェック!】

⇒ ロート製薬「セノビック」の詳細はこちら

 
 

 
⇒セノビックの効果を徹底検証~飲んでも伸びなきゃ意味がない!~TOPへ戻る

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ