送料無料!まずはお試しから!
▼▼▼▼▼▼


ぐんぐん伸びる!セノビックの効果は幼稚園のお子さんにピッタリ!

img_s

幼稚園の子供たちとセノビックの効果

セノビックは普通食を食べれる方なら、どなたでも食べることのできる成長期応援サポートサプリメントです。みなさんはいつから普通食を食べれるようになるかご存知でしょうか。
出産してから約1歳~1歳半ぐらいで離乳食の時期が終わる「離乳食完了期」となります。だいたいその頃に離乳食は終わります。そして普通のご飯が食べられるようになりますが、離乳食が終わってすぐに大人と同じ食事というわけではありません。離乳食の次は幼児食です。1歳~2歳半くらいまではなるべく薄味で子供のための栄養バランスを考えた幼児食を食べさせてあげます。幼児食といっても離乳食のように別に調理をしたり、飲みこみやすく柔らかく作る必要はありませんが、味付けは薄味にしたりカルシウムや鉄分が多めに取れるように少し工夫するなどといった配慮が必要な時期です。その間を使って大人と同じものが食べられるように舌を慣れさせていきます。なので普通食を食べられるようになるのは2歳半~3歳頃といえます。

幼稚園の入園は満3歳からとなっています。よって幼稚園に通われているお子さんはセノビックをご利用することができます。幼稚園に入園してからまもなくすると成長期に入ります。男の子であれば4歳~11歳で毎年約5~6㎝の伸びを見せます。女の子の場合は4歳~10歳で毎年約5~7㎝の伸びを見せます。幼稚園のに通い始めると、園内でも活発に遊ぶようになってきます。幼稚園や保育園では体を使ってさまざまなことを教えていきます。自然と体を動かすことが多いです。自由に体を動かすことのできる時期なのでまさにチャンスといってもいいのではないでしょうか。また、園児たちにはまだ食べ物の好き嫌いが激しい時です。特に野菜が苦手な子供だったりキノコが苦手なお子さんも多いのではないでしょうか。最近では卵や肉類が苦手なお子さんも増えてきました。こんな小さいころから偏食しがちになるのはとても悲しいですね。

そんなお子さんにあったセノビックを選んでご利用いただいてはいかがでしょうか。セノビックには5種類味が準備されています。ミルクココア味・ポタージュ味・ヨーグルト味・いちごミルク味・バナナ味があります。ミルクココア味やいちごミルク味はお子さんにも好かれる味です。朝ごはんにはポタージュ味など1つの味だけではなく様々な味を工夫してご利用いただくと毎日のセノビックがとても楽しいかもしれませんね。

以下に幼稚園児にセノビックをおすすめするメリットをご紹介いたします。

①子供のためにと考えられた成長期応援サポート飲料
カルシウムは小魚などから摂ることもできますが、実際体に吸収されにくいものとなっています。セノビックはビタミンDと共に摂取すことで吸収されにくいカルシウムを効率よく体内に取り込むことができます。

②飲み続けられる味の種類
先ほども申し上げました。セノビックには5種類の味があります。「継続は力なり」という言葉があるように、継続する、飲み続けることが一番大切です。組み合わせはとても豊富です。当分の多いジュースや子供に無理に野菜ジュースを飲ませるならすくすく、のびのびと成長してくれる手助けをしてくれるセノビックがおすすめです。

③大手企業製薬会社から発売されているという安心感
セノビックを開発し販売しているのは、目薬で有名な「ロート製薬」という日本製の大手製薬会社です。大手企業という安心感がまず大きいです。そして製薬会社なので体に悪い影響を与える食品を作ることはありません。世界でも高評価のため、親御さんにも安心、信頼を得ているものとなっています。

いかがでしょうか。幼稚園に通っているお子さんがいる方、一度お試ししてみてはいかがでしょうか。もちろん成長期に差し掛かってからでも遅くありません。まずは初めて見ることが大切です。なにもしないよりも効果はあります。ぜひこれを見て気になった方はぜひお試しください。

 

【詳細をチェック!】

⇒ ロート製薬「セノビック」の詳細はこちら

 
 
⇒セノビックの効果を徹底検証~飲んでも伸びなきゃ意味がない!~TOPへ戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ