送料無料!まずはお試しから!
▼▼▼▼▼▼


セノビックは何歳まで飲めるの?年齢の幅広さがすごい!ぜひ知っておこう。

img_s

セノビックは何歳から何歳まで?

セノビックについてご覧のみなさんは今、何についてお悩みでしょうか。お子さんの成長期に大切な栄養補給の商品探しをされている方もいらっしゃれば、部活動やクラブ活動で必要な毎日の体づくりに飲もうと考えている方もいらっしゃると思います。その他にも、体が弱く貧血ぎみな方や年々骨密度の低下で姿勢が悪くなっていくとお悩みの方、歯がもろくなってきていて歯の本数が減少してきている方などいませんか?

そのお悩みの中で「セノビックは子供達が飲むものでは?」と疑問を持っていいらっしゃる方が多いのではないでしょうか。安心してください。セノビックは一般食品を食べれる方であればどなたでも飲むことができます。また、年配の方でも牛乳を飲める方であればどなたでも飲むことができます。

近年私たちの食生活は欧米化が進み、食事の内容も変化してきています。またコンビニやファーストフード店など手軽に食品が手に入る現代になってきています。それによっ個食、偏食が進み栄養の偏りが大幅に増えてきています。それによって本来あるべき体質が見失われてきてしまっています。成人過ぎたころなら百歩譲ってまだ間に合うかもしれません。ですが、年齢を重ねる毎に臓器の働きや、肉体の働きも低下していってしまいます。年齢は巻き戻すことができません。少しでも今の体を改善したいと思いませんか?

大人の方でセノビックの飲むに至ってのメリットをいくつかご紹介していきます。

●貧血でお悩みの方●

貧血は鉄分が体の中で不足してきてしまうと起こる症状です。血液が酸素を送る働きができなくなってしまい、めまいや吐き気、頭痛が起こり、子供でも大人でも貧血で倒れてしまう方も多くありません。 セノビックの大きな成分の中に鉄が含まれています。体内の赤血球を作る働きがある鉄は積極的に摂取していくことが重要になります。1日1~2杯を飲んで体の調整をしましょう。

●骨密度の低下●

骨密度が低下していくことを「骨粗しょう症」と言います。みなさんも聞いたことあるのではないでしょうか。骨密度は骨の強さを表す尺度のひとつです。骨の中にカルシウムやマグネシウムなどのミネラルがどのくらい詰まっているかを計ることができます。骨密度が低下すると骨がもろくなり骨折しやすくなります。
骨粗しょう症に気づかず、症状が進んでしまうと気づかないうちに背骨がつぶれて背中が大きく曲がってしまったり、しりもちをついた程度で寝たきりになるほどの骨折をしてしまう可能性だ高くなります。また、動脈硬化になりやすいこともわかっています。動脈硬化が進行すると、心筋梗塞や脳梗塞といった心臓や血管の病気を発症してしまうリスクも伴っていきます。
セノビックの一番のメリットがカルシウムの吸収です。牛乳と一緒に飲むことでよりカルシウムを摂取することができます。そして、セノビックにはビタミンDも含まれています。ビタミンDはカルシウムの吸収を促進させる効果があります。骨粗しょう症予防をしてよりよい生活を送りましょう。

●体力の低下●

年齢を重ねていくと、私生活の中で体力の衰えを感じることを実感するときがありませんか?特に座り仕事が多く、運動不足など体を動かす習慣のない方に多く感じることではないでしょうか。運動不足が続くと筋力が低下していきます。筋力が低下すると基礎代謝も減少していきます。基礎代謝が低下していくと体力が低下していきます。基礎代謝が良ければ毎日活発に行動することができます。体力が減少すると少し動いただけで息切れがしたり、外に出るのもおっくうになってきてしまい悪循環のサイクルができてしまいます。
セノビックのバナナ味にはプロテインが入っています。高たんぱく質を摂取することによって疲労の回復もでき、筋肉などの体の組織になりやすいため体づくりには最適です。

上記で上げたように、セノビックは子供から大人まで年齢は幅広くご利用することができます。少しでも何か当てはまることがありましたら、ぜひセノビックを試してみてはいかがでしょうか。

 

【詳細をチェック!】

⇒ ロート製薬「セノビック」の詳細はこちら

 
 

⇒セノビックの効果を徹底検証~飲んでも伸びなきゃ意味がない!~TOPへ戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ