送料無料!まずはお試しから!
▼▼▼▼▼▼


子供の身長は遺伝?親の身長は遺伝するの?遺伝の真実はいかに。人間の遺伝のしくみ。

165586

子供の身長を親の遺伝だけと決めつけてはいけない。

みなさんは遺伝がどのようなものかご存知でしょうか。

●遺伝●

遺伝というのは、親から子へ形質が変わる現象のことをいいます。それは人間だけでなく、動物や植物も同じ、生物の基本的な性質のひとつです。よく「顔が似てる」「後姿が似てる」など親子で似通ったところがあると人は「似てる」といいます。それも遺伝の一つといえます。遺伝の現象は単純にすべての形質が親から子に伝わるものではなく、伝わりにくい形質や、「おばあちゃんに似てる」や「親戚の叔父さんに似てる」など何世代かおいて出現することもあります。
遺伝子をつかさどっているのは細胞の中にある「遺伝子」です。遺伝子の形成しているのが皆さんもよく耳にする「DNA」です。遺伝子は両親から半分づつ受け継いでその中で合成されたタンパク質によって様々な生命活動が行われ始めます。

●遺伝と学力●

子供の学力が気になる親御さんもいらっしゃると思います。頑張っても成績がなかなか伸びないと悩む子やちょっと勉強しただけなのに問題をすらすら解いてしまう子などさまざまです。実は学力やIQなどを含めたあらゆる心の動きが遺伝の影響を受けているという結果がでています。しかも確立でいうと50%というかなり大きな確立を締めています。もちろん全員がこの確率で遺伝を受けているわけではありません。環境によってもまた変わっていきます。またDNAが100%一致する一卵性双生児の双子もいます。
貴殿的な素質があるということは生まれ持った向き・不向きがあります。だからと言って「親に才能がないから、子供にもない」と考えたり「親にもできるのだから、我が子もできる」と考え、自我を押し付けるのは親のエゴです。その子がどんな素質をもっているのかは親だけでは判断できかねます。向き・不向きがあるなら向いている事を見つけてあげてのびのびと楽しい子供なりの人生を送らせてあげましょう。

●遺伝と体型や身長●

子供の学力も気になれば体型や身長なども気になるのではないでしょうか。
ある研究科のお話しで、両親のどちらかが太っているとその子供にも太りやすさは遺伝するという結果がでたそうです。遺伝によって太る影響は25%、日常生活や食生活を気をつけてさえいれば太るたいうリスクは軽減されます。
では身長はどうでしょうか。実は身長は遺伝だけではありません。体型維持と同じように、成長期の頃の日常生活だったり、食生活によって変化していきます。まちろん、遺伝が全くないわけではありません。母親・父親、どちらかの遺伝子を引き継ぐかもしれないですし、世代をこえて祖母・祖父の遺伝子を引き継ぐことも少なくありません。

そこで将来の子供の身長計算する方法があります。

<男の子の場合> =(父親の身長+母親の身長+13)÷2+2
<女の子の場合> =(父親の身長+母親の身長-13)÷2+2

あくまで推測となりますので決めつけてはいけません。日常生活を少し気をつけるだけで十分です。親のエゴを押し付ける事の無いよう注意がい必要です。また、親の願望や理想を押し付けると子供もストレスがたまります。子供には幸せでいて欲しいと思うのが親心です。

いかがでしたでしょうか。ものごとによって遺伝は意外と関係していたり、関係無かったりすることがわかりました。ですが、遺伝などで子供を判断してはいけません。痩せていたって、太っていたって、身長が低くても、身長が高くても、我が子は我が子です。大切に愛してあげましょう。

 

【詳細をチェック!】

⇒ ロート製薬「セノビック」の詳細はこちら

 
 

 

⇒セノビックの効果を徹底検証~飲んでも伸びなきゃ意味がない!~TOPへ戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ