送料無料!まずはお試しから!
▼▼▼▼▼▼


身長を伸ばす方法は?ストレッチの効果は柔軟性のみ??ストレッチの大切さと効果をもっと知ってみよう!

165586

ストレッチと運動~身長を伸ばす方法をみつけよう~

ストレッチは運動です。ストレッチをすることでたくさんの嬉しいことが待っています。みなさんはストレッチがどれくらい大切が知っていますか?スポーツクラブなどでは「運動前に必ずストレッチをしましょう」をアドバイスをもらうことがほぼ100%に近いくらいあると思います。まずはストレッチのうれしい効果についてご紹介します。

●ストレッチのメリット●

ストレッチは、固く縮んでしまった筋肉を伸ばして本来の筋肉の長さに戻していきます。伸ばして柔らかくなった筋肉は血流を促すポンプの役割をしっかりと果たすことができるようになります。筋肉がその働きをすることによって体の老廃物や疲労物質を体の外へと出ていきます。結果として肩こり、腰痛改善、疲労回復、冷え性・むくみ改善、運動機能向上、そして女性にうれしい脂肪燃焼効果も高まります。
スポーツクラブで運動前や運動後にストレッチをするよう声掛けはこのためといえます。

そして今回のお悩みもストレッチによってプラスの方向へを進むことができます。ストレッチをすることによって柔軟性が高まります。柔軟性を高めると背骨に加わった体重の負担を解消するなど、ゆがんだ姿勢を整えることができ新陳代謝が向上します。成長期真っ只中の子供であれば寝る前にストレッチをして寝ることでいい結果が期待できます。

また、身長が縮んでしまったとお悩みの方も同じです。体のゆがみを整えることによって、ゆがんでいて縮まっていた骨と骨の感覚を正常に戻してあげることで隠れていた身長もでてきますし、姿勢改善もできてなおさらいいですよね。

ストレッチは運動が苦手な方でも手軽に行えるものがほとんどです。無理なく自分のペースでできるのでどんなスポーツよりも真っ先に挑戦していただきたいものです。姿勢はストレッチだけではなくエクササイズでも改善することができます。ストレッチに慣れてきてもう少しトレーニングもかねてやりたいと思い始めたらエクササイズ方式で行ってみるのも楽しいかもしれません。

では身長を伸ばすため、縮んだ身長を伸ばすためにはどんなストレッチをすればいいのかご紹介していきます。

①ぶら下がりストレッチ・・・自分の体重を利用して背骨を伸ばしてまっすぐに戻すことができます。大人の方は少し難しいかもしれませんが、子供なら学校にある鉄棒や公園にある「うんてい」などを使って行うことができます。

②逆立ちキープ・・・壁倒立でも三点倒立でもかまいません。臓器をもとの場所に戻すことによって開いた骨盤を締めて姿勢を整えます。くびれ効果もあるので女性の方におすすめです。

③背中のストレッチ・・・縮んでしまった背中の筋肉を伸ばしてあげます。

④体の横の筋肉(横腹)をストレッチ・・・脇の下から横腹にかけてストレッチをして筋肉をほぐします。

⑤ももの裏の筋肉のストレッチ・・・骨盤に付いている筋肉を伸ばしてかげることで背筋が伸びやすくなります。また、ももの裏はなかなか伸ばすことができないので時間をかけてじっくり伸ばしましょう。

⑥ももの前側の筋肉のストレッチ・・・ももの裏の筋肉と同じように骨盤に付いている筋肉を伸ばしてあげます。両足一気に行うのは腰痛になる可能性が高まります。片足ずつしっかりと伸ばしましょう。

⑦股関節の筋肉のストレッチ・・・股関節の筋肉を伸ばしてあげることで骨盤がっますぐになり、骨盤を固定している「骨盤底筋群」がしっかりと骨盤を支えてくれます。こちらは反り腰の改善ににもなりますので、腰痛を持っている方におすすめですが痛いと思ったら継続せずにすぐ中断してほかの方法を行いましょう。

いかがでしたでしょうか、基本的には体感と呼ばれる四肢の付け根までの上半身をしっかりと整えてあげることが大切になってきます。また、身長を伸ばすためだけでなくスタイルアップにもつながりますのでぜひ、家だったり、仕事の休憩時間など少し合間に少しずつストレッチを行ってみてはいかがでしょうか。

 

【詳細をチェック!】

⇒ ロート製薬「セノビック」の詳細はこちら

 
 

 
⇒セノビックの効果を徹底検証~飲んでも伸びなきゃ意味がない!~TOPへ戻る

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ